株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アスクルが反発、1月単体売上高が2カ月連続前年上回る  1月29日14時26分

 アスクル<2678.T>が反発している。28日の取引終了後に発表した1月度の月次業績で、単体売上高は前年同月比3.2%増と2カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。

 主力のBtoB事業が、稼働日が1日多かった影響もあり同5.9%となり、全体を牽引した。一方、LOHACOは引き続き早期の黒字化に向けて収益構造改善のための選択と集中を推進しており、伸長率は同10.6%減だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位に重松製
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
医学生物が一時S安、第3四半期業績好調も利益確定が膨らむ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »