株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経Dインバが反発、全体相場の地合い悪化で75日線超え接近  1月30日10時54分

 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357.T>が反発、週明け27日にマドを開けて買われた後900円近辺でもみ合っているが足もと買い優勢に傾きつつある。同銘柄は騰落率が日経平均株価のマイナス2倍になるように設定された逆連動型のETFで、全体相場が軟化すると上昇する仕組みとなっている。中長期トレンドの指標として意識される75日移動平均線をあと少しでブレイクする位置にあるが、仮にここを上回ると昨年9月初旬以来約3カ月半ぶりとなるだけに、警戒ムードが高まりつつある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
資生堂など化粧品関連株が安い、新型肺炎に絡むインバウンド需要減速を嫌気◇
ファナックは全体相場に逆行高、20年3月期業績予想増額で主力株では異色の上げ
Vコマース大幅高、20年12月期営業益予想11%増で1円増配へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »