株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 ファナック、新内外綿、スガイ化学工業など  1月31日07時32分

銘柄名<コード>30日終値⇒前日比
レオパレス21<8848> 316 -29
レノの取締役解任提案撤回が引き続きマイナス視される。

新光電気工業<6967> 1225 -81
決算発表控えて手仕舞い売りが優勢か。

AGC<5201> 3720 -135
子会社での品質不正を発表している。

アドバンテスト<6857> 5670 -390
好決算発表も事前の期待高く出尽くし感が先行。

キヤノン<7751> 2875 -161
前期業績は従来予想を下振れての着地に。

ファナック<6954> 20135 +235
通期業績上方修正で安心感が先行。

NEC<6701> 4810 -175
第3四半期好決算発表だがサプライズは限定的。

オムロン<6645> 6290 +80
10-12月期決算は上振れ着地となる。

新内外綿<3125> 1609+300
ウイルス対策関連として連日の急伸。

スガイ化学工業<4120> 1765+300
ウイルス対策関連として28日から人気化。

川本産業<3604> 3095+504
ウイルス対策関連の中心銘柄として上値追い続く。

昭和化学工業<4990> 1343+300
29日は長い下ヒゲつけて下げ渋っており。

マナック<4364> 2000 +244
ウイルス対策関連の一角として関心が続く。

アゼアス<3161> 1670 +219
ウイルス対策関連は30日一斉高の展開に。

日本アビオニクス<6946> 1670 +45
ウイルス対策関連として押し目買いが優勢に。

オーミケンシ<3111> 920 +5
マスク売り切れ続出で関連銘柄として物色。

NTTDIM<3850> 3670 -700
10-12月期営業赤字などマイナス視。

恵和<4251> 1937 -252
25日線割れで処分売りの動きが優勢に。

ダイトーケミックス<4366> 504 -66
通期計画の上方修正なく出尽くし感強まる。

ファーマフーズ<2929> 782 -80
高水準の信用買い残が重しにも。

YE DIGITAL<2354> 617 -58
上値到達感も強まって利食い売り優勢に。

ギグワークス<2375> 1847 -203
5G関連銘柄軟化の影響を受ける。

ぱど<4833> 497 -37
20年3月期の通期予想を下方修正、営業損失見通しは0.30億円から2.90億円に。

沖縄セルラー電話<9436> 4390 +140
20年3月期の通期予想を上方修正、営業利益見通しは130億円から135億円に。

農業総合研究所<3541> 516 +14
住商アグリビジネス及び住友商事と業務提携契約を締結。

バンク・オブ・イノベーション<4393> 2175 -44
スマホゲーム「幻獣契約クリプトラクト」の英語圏向けを2月上旬から配信。

鉱研工業<6297> 500 +46
第3四半期決算を発表、営業利益が前期の約7.9倍となる2.21億円で着地。

カヤック<3904> 789 +68
「Park Master」の米AppStore無料ダウンロードランキング1位を引き続き材料視。

ブライトパス・バイオ<4594> 325 +16
「iPS細胞から作った免疫細胞でがん攻撃 治験計画を提出」との一部報道で思惑も。

MICS化学<7899> 330 +4
短期資金の関心向かう。

重松製作所<7980> 2350 +400
「新型肺炎、SARSに比べ感染力が強い恐れ」などと伝わるなか
引き続き関連株に物色。

興研<7963> 3700 +700
「新型肺炎、SARSに比べ感染力が強い恐れ」などと伝わるなか
引き続き関連株に物色。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »