株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=233円安、新型肺炎を警戒も売り一巡後は下げ渋る  2月03日15時31分

 週明け3日の東京株式市場は再び売り優勢となり、日経平均は230円あまりの下げで前週末の上昇を帳消しにする下落となった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比233円24銭安の2万2971円94銭と反落。東証1部の売買高概算は13億5797万株、売買代金概算は2兆5654億円。値上がり銘柄数は437、対して値下がり銘柄数は1658、変わらずは64銘柄だった。

 きょうの東京市場は、新型肺炎の感染拡大を嫌気する形で改めて売り直される格好となった。前週末の米国株市場でNYダウが600ドル超の急落をみせ、買い手控えムードが強まった。加えて、きょうは外国為替市場で1ドル=108円前半まで円高が進んだほか、中国・上海株市場が大きく値を下げたのを横目に逆風環境を余儀なくされた。ただ、その他のアジア株市場の下げは香港が底堅さを発揮するなど一方的に売り込まれる展開とはならず、これが過度な不安心理に歯止めをかけた。日経平均株価は寄り後直後に430円安と急速に下落幅を拡大し2万2700円台まで下げたものの、その後は下げ渋る展開となり、後場は2万3000円近辺で売り物をこなす展開に。値下がり銘柄数は全体の77%を占めたが、下値では買い向かう動きもみられ、売買代金は2兆5000億円台まで膨らんでいる。

 個別では、ファーストリテイリング<9983.T>が大きく値を下げたほか、売買代金トップの任天堂<7974.T>も安い。トヨタ自動車<7203.T>が軟調、東京エレクトロン<8035.T>やアドバンテスト<6857.T>など半導体関連も売りに押された。資生堂<4911.T>、オリエンタルランド<4661.T>などインバウンド関連も下落した。新型肺炎関連では日本エアーテック<6291.T>、ニイタカ<4465.T>がストップ安となり、シキボウ<3109.T>も急落した。このほか、ZOZO<3092.T>の下げも目立つ。

 半面、主力株では富士通<6702.T>が強さを発揮、日立ハイテクノロジーズ<8036.T>も買いが優勢。中外製薬<4519.T>なども買いを集めた。ダイトウボウ<3202.T>がストップ高で値上がり率トップ、正興電機製作所<6653.T>、丸山製作所<6316.T>、アイティメディア<2148.T>などが値を飛ばしている。豆蔵ホールディングス<3756.T>、タダノ<6395.T>なども物色人気。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=資金シフト、好業績+テーマ性がカギ握る
<動意株・3日>(大引け)=バルクHD、富士山MS、味の素など
中外薬が続伸、新型肺炎に「タミフル」が効果との期待も


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »