株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は小幅反発、東エレクと第一三共の2銘柄で約19円押し上げ  2月04日12時44分

4日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり118銘柄、値下がり101銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は小幅反発。23.07円高の22995.01円(出来高概算5億9000万株)で前場の取引を終えている。週明け3日の米株式市場でNYダウは反発し、143ドル高となった。1月のサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況指数が節目の50を半年ぶりに上回ったことが好感されたほか、中国人民銀行(中央銀行)が大規模な資金供給を実施したことで新型肺炎による経済減速懸念も和らいだ。ただ、新型肺炎の感染拡大で企業活動などにも影響が出てきており、本日の日経平均は根強い懸念を背景に90円安からスタート。米国で大統領選の民主党候補者選びが始まり、その推移を見極めたいとの思惑も加わって、朝方の日経平均はマイナス圏でもみ合う場面が続いた。しかし、香港株が続伸して始まると株価指数先物に買い戻しが入り、日経平均はプラスに切り返した。

値上がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>、同2位は第一三共<4568>となり、2銘柄で日経平均を約19円押し上げたほか、太陽誘電<6976>、中外製薬<4519>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、パナソニック<6752>などがそれに続いた。パナソニックは前日に第3四半期決算を発表しており、10-12月期営業利益は1004億円で前年同期比2.9%増と増益に転じ、市場予想を300億円程度上回る形になっている。また、トヨタ自動車<7203>との車載用電池共同出資会社を4月1日に設立とも発表。一方、値下がり寄与上位銘柄は、塩野義<4507>、ファナック<6954>、テルモ<4543>、KDDI<9433>などが並んだ。前日に20年3月期第3四半期決算を発表した塩野義は、ゾフルーザの販売が本格的な販売初年度であった前年同期に比べて大きく減少したことが嫌気されたようだ。

*11:30現在

日経平均株価  22995.01(+23.07)

値上がり銘柄数 118(寄与度+93.64)
値下がり銘柄数 101(寄与度-70.57)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8035> 東エレク        24340           270 +9.73
<4568> 第一三共         7837           259 +9.33
<6976> 太陽誘電         3355           150 +5.40
<4519> 中外薬         11690           120 +4.32
<4911> 資生堂          6940           120 +4.32
<4523> エーザイ         8784           104 +3.75
<6752> パナソニック      1176         100.5 +3.62
<4063> 信越化         12845           100 +3.60
<6645> オムロン         6570           100 +3.60
<6098> リクルートHD      4369           33 +3.57
<7951> ヤマハ          5590           80 +2.88
<9613> NTTデータ        1564           15 +2.70
<6857> アドバンテ       5740           30 +2.16
<5332> TOTO           4720           120 +2.16
<8830> 住友不          4105           54 +1.95
<7733> オリンパス      1798.5           13 +1.87
<6762> TDK           11820           50 +1.80
<6361> 荏原           3280           250 +1.80
<2801> キッコーマン      5210           50 +1.80
<6702> 富士通         12395           445 +1.60

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<4507> 塩野義          6283          -231 -8.32
<6954> ファナック       20155          -225 -8.11
<4543> テルモ          3854           -36 -5.19
<9433> KDDI           3283           -17 -3.67
<7269> スズキ          4939           -86 -3.10
<9735> セコム          9538           -72 -2.59
<4503> アステラス薬      1847           -12 -2.16
<9983> ファーストリテ    57540           -60 -2.16
<8028> ファミマ         2310           -13 -1.87
<8015> 豊通商          3555           -50 -1.80
<7270> SUBARU          2697           -49 -1.77
<6301> コマツ          2374         -43.5 -1.57
<6305> 日立建          2928           -38 -1.37
<9008> 京王           6020          -190 -1.37
<4901> 富士フイルム      5448           -37 -1.33
<4578> 大塚HD          4814           -36 -1.30
<7267> ホンダ         2793.5           -16 -1.15
<1721> コムシスHD       3105           -30 -1.08
<9301> 三菱倉          2656           -59 -1.06
<7751> キヤノン       2852.5         -19.5 -1.05




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »