株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

国際石開帝石など石油関連株が安い、WTI価格は一時50ドル割れに下落◇  2月04日09時50分

 国際石油開発帝石<1605.T>や石油資源開発<1662.T>、JXTGホールディングス<5020.T>など石油関連株が安い。3日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物が前日比1.45ドル安の1バレル=50.11ドルと下落。一時49.91ドルをつけ昨年1月初旬以来、1年1カ月ぶりに50ドルを割り込んだ。新型肺炎の影響で世界経済の成長が減速し、原油需要が減少することが警戒されている。これを受け、石油関連株には売りが先行している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
パナソニックが大幅反発、10~12月期は3%営業増益
イーガーディが一時18%強高に買われる、第1四半期は2ケタの増収増益
オリジナル設計は昨年来高値に接近、19年12月期業績予想と配当計画を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »