株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 村田製作所、オリックス、ファーマフーズなど  2月05日07時32分

銘柄名<コード>4日終値⇒前日比
シキボウ<3109> 1280 -70
マスク関連株には総じて見切り売り優勢の展開。

JMS<7702> 896 -31
ウイルス対策関連の出遅れとして直近賑わうも。

マルハニチロ<1333> 2532 -116
通期業績予想を下方修正している。

ユニチカ<3103> 368 -23
マスク関連として一時急騰の反動続く。

ビジョン<9416> 1409 -45
信用買い方の手仕舞い売り引き続き優勢。

昭和電線ホールディングス<5805> 1315 -58
通期業績上方修正で買い先行後は出尽くし感。

塩野義製薬<4507> 6380 -134
3日取引時間中に減額修正。

村田製作所<6981> 6516 +267
10-12月期決算受けて底打ち期待一段と高まる展開に。

レーザーテック<6920> 5410 -100
業績・受注上振れも出尽くし感が優勢に。

コマツ<6301> 2389 -28.5
米キャタピラー株安なども影響へ。

オリックス<8591> 1926.5 +86.5
エグジット益計上などで順調な業績推移続く。

ファーマフーズ<2929> 989 +150
薬用育毛剤「ニューモ」の定期顧客件数が7.5万件を突破と。

ウインテスト<6721> 218 +16
台湾企業との資本提携を4日発表している。

NCS&A<9709> 760 +100
通期業績上方修正と増配を発表で。

新内外綿<3125> 1109-400
急騰してきたマスク関連には処分売り殺到。

川本産業<3604> 2395-700
中心的に買われたウイルス対策関連株として反動売り強まる。

昭和化学工業<4990> 943-300
3日は買い先行後に急速な伸び悩みへ。

マナック<4364> 1114 -400
ウイルス対策関連の材料株は一斉安の流れにも。

アゼアス<3161> 1038 -300
ウイルス対策関連株安の流れに押される。

スガイ化学工業<4120> 1863 -500
ウイルス対策関連としては前日も逆行高となったが。

ジェイテックコーポレーション<3446> 3520 +330
国内大手企業から水晶振動子ウエハ加工システムの大型受注(金額は2.3億円)。

日本リビング保証<7320> 1543 +135
20年6月期の上期予想を上方修正、営業利益は1.17億円から1.55億円に。

手間いらず<2477> 6460 +600
20年6月期の上期営業利益は前年同期比50%増の6.01億円に。

オリコン<4800> 1316 -204
10-12月期の決算内容を受けて期待感剥落。

弁護士ドットコム<6027> 4660 +170
契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」を提供するHolmesと業務提携。

日本アンテナ<6930> 1027 -92
20年3月期第3四半期の営業利益は前年同期比51.9%減の2.95億円で着地。

BUYSELL<7685> 3155 +75
税務申告・助言指導や相続支援などを展開するBSP税理士法人と業務提携。

フェニックスバイオ<6190> 907 +102
3日に続きバイオ株の一角には資金流入。

AmidAHD<7671> 1399 +300
第2四半期決算を引き続き評価する流れ。

ワークマン<7564> 8720 -240
1月の既存店売上高21.1%増、軽防寒衣料など順調も前月からの伸び鈍化を嫌気。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »