株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

タマホームはカイ気配で水準切り上げる、今5月期業績の大幅上方修正と配当増額好感  2月05日09時07分

 タマホーム<1419.T>はカイ気配のまま水準を切り上げる展開。同社は低価格の注文住宅を手掛けるが、豊富な受注残からの引き渡しが順調に進んでいるほか、戸建て分譲事業などの不動産事業なども堅調で、足もとの業績は会社側の想定を上回る推移をみせている。4日取引終了後に20年5月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の77億円から90億円(前期比22%増)に大幅増額修正された。また、年間配当も従来計画に10円増額となる70円に修正された。これらがポジティブサプライズとなり、投資資金が集中している。株価は昨年11月以降一貫して下値を探る動きを余儀なくされていたが、きょうはマドを開けて買われ大勢トレンド底入れの動きをみせている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
セーレンが一時12%高、20年3月期業績予想を上方修正
三菱UFJ、第一生命HDなど買い優勢、米長期金利上昇を手掛かりに買い戻し◇
社宅サービスは一時11%安、第2四半期は2ケタ営業減益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »