株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 BEENOS、日清食HD、日本曹達など  2月06日07時15分

銘柄名<コード>5日終値⇒前日比
BEENOS<3328> 1320 +117
第1四半期営業益は大幅黒字転換。

日清食HD<2897> 8830 +400
10-12月期営業利益は前年同期比29%増、
価格改定効果や米州地域営業黒字転換などが寄与。

SHINPO<5903> 1949 -169
上期営業益は2ケタ増も通期予想据え置きで。

ダイセル<4202> 1012 -39
減損計上で通期最終益を下方修正。

Br.HD<1726> 485 +11
第3四半期営業益は前年同期比2.1倍に。

SUBARU<7270> 2688.0 -11.5
上期大幅営業増益から一転して第3四半期は営業減益に。

日本曹達<4041> 3400 +438
自社株買いと増配を発表へ。

セーレン<3569> 1600 +199
通期業績予想の上方修正を発表している。

ユーグレナ<2931> 1012 +111
バイオジェット燃料が日本国内でも使用可能に。

日本ユニシス<8056> 3810 +415
第3四半期上振れ決算で通期予想を上方修正。

タマホーム<1419> 1448 +141
通期業績予想の上方修正を好感。

広島銀行<8379> 540 +38
期末の増配発表を評価へ。

チェンジ<3962> 3635 +295
AI CROSSの上方修正など刺激か。

クロップス<9428> 867 +85
通期業績・配当予想を上方修正へ。

M&Aキャピタルパートナーズ<6080> 3770 +185
決算嫌気売り一巡感でリバウンド狙いの動きに。

ニイタカ<4465> 2408 +247
25日線割れで調整一巡感も。

ローム<6963> 8420 +510
10-12月期想定比上振れ決算で買い安心感も。

帝人<3401> 2026 +53
場中発表の第3四半期決算受けて買いが先行。

横河ブリッジホールディングス<5911> 2240 +122
野村證券では買い推奨に格上げへ。

ブラザー工業<6448> 2256 +117
想定以上の堅調業績を評価の流れに。

ミネベアミツミ<6479> 2276 +99
決算発表控えて買い戻し先行か。

大塚商会<4768> 5070 +340
引き続き決算内容を好感する動きが継続。

ダイトウボウ<3202> 221-80
ウイルス対策関連総じて軟調なかで利食い売り集中。

システナ<2317> 1741 -165
10-12月期増益率鈍化で出尽くし感に。

エディオン<2730> 1076 -69
10-12月期は営業赤字に転落。

NTTデータ<9613> 1462 -110
不採算案件発生で10-12月期業績は下振れ。

日本エアーテック<6291> 900 -47
ウイルス対策関連は引き続き処分売り優勢で。

ミライト・ホールディングス<1417> 1590 -83
第3四半期累計営業減益に。

阪急阪神ホールディングス<9042> 4325 -170
第3四半期累計営業減益に転じる。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »