株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

国際帝石、JXTGなど買われる、WTI原油先物価格が満を持して急反発◇  2月06日09時18分

 国際石油開発帝石<1605.T>、石油資源開発<1662.T>、JXTGホールディングス<5020.T>など資源開発・石油関連株に買いが集まっている。業種別騰落率でも、「石油」、「非鉄」、「鉱業」が値上がり上位3傑を占めている。中国の新型肺炎に対するマーケットの警戒感がやや和らいでおり、米株市場は大きく買いが優勢となっているが、原油市況もリスクオフの巻き戻しでリバウンドに転じた。前日のWTI原油先物価格は1ドル14セント高の1バレル=50ドル75セントと6日ぶりに急反発。これを背景に米国株市場ではエクソンモービルが4.6%高、シェブロンも3.2%高に買われるなど急伸しており、東京市場にもこの流れが波及している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
イビデンはカイ気配スタート、20年3月期最終利益を20億円増額
東京株式(寄り付き)=大きく買い先行、米株連日の急騰を受け上昇基調継続
6日韓国・KOSPI=寄り付き2184.77(+19.14)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »