株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 SUBARU、伊藤忠商事、インスペックなど  2月07日07時32分

銘柄名<コード>6日終値⇒前日比
スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684> 5200 -410
10-12月期大幅増益決算だが、コロプラ同様に出尽くし感先行。

大陽日酸<4091> 2256 -197
小幅ながら通期計画を下方修正している。

BEENOS<3328> 1275 -45
決算好感で前日大幅高の反動も。

ダブル・スコープ<6619> 756 -42
訴訟の行方などを引き続き警戒視か。

日本エアーテック<6291> 857 -43
ウイルス対策関連は本日も相対的にさえない動き。

ボルテージ<3639> 526 -16
目立った材料もなく信用買い方の手仕舞い売りか。

SUBARU<7270> 2794.5 +106.5
5日は下振れ決算受け売り優勢となったが。

伊藤忠商事<8001> 2675 +70.5
5日発表の決算は相対的に堅調な推移と評価。

JMACS<5817> 612 +100
株式新聞では注目銘柄に取り上げている。

インスペック<6656> 5080 +700
ラジオNIKKEIで取り上げられる。

スガイ化学工業<4120> 1619 +74
決算発表でのあく抜け感もあって自律反発へ。

PALTEK<7587> 607 +54
通期収益予想を上方修正している。

NCS&A<9709> 799 +65
業績上方修正・増配評価の動きが継続。

昭和飛行機工業<7404> 2124 -621
特別配当の権利落ちの影響で。

川本産業<3604> 1542 -353
引き続き株価急騰の反動が続く形にも。

マナック<4364> 1010 -216
5日は自律反発も再度戻り売りが優勢に。

アゼアス<3161> 1127 -183
ウイルス対策関連の軟化が続き戻り売り。

昭和化学工業<4990> 738 -60
短期資金の手仕舞い売り継続の形に。

Aiming<3911> 370+80
スマホ向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」をスクエニと共同開発。

日本ユピカ<7891> 2551+500
三菱瓦斯化学がTOB、完全子会社化を目指す(TOB価格は1株3000円)

応用技術<4356> 3205 -550
前期着地は良好も20年12月期見通しを嫌気した売りに押される。

中京医薬品<4558> 619 -127
第3四半期の営業利益を前年同期比60.7%増の1.48億円と発表も出尽くし感優勢。

日本アセットマーケティング<8922> 122 +17
自社株を1株130円で公開買い付け、上限6197万1800株。

トランザス<6696> 1281 +35
旅館こうろで次世代の広告配信プラットフォームを利用した
観光チャネルの実証実験。

リンクバル<6046> 400 -3営業利益は前年同期比34.1%減の1.71億円で着地。

ソシャルワイヤ<3929> 1405 +189
20年3月期第3四半期は売上高の伸びを評価する見方が優勢。

日本パレットプール<4690> 4165-240
上方修正を引き続き材料視する展開。

JTOWER<4485> 4065 +50
20年3月期の営業損失見通しを1.65億円から0.65億円に修正したことが材料に。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »