株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トレードワークス--- 2020年12月期業績は回復傾向へ  2月07日16時57分

トレードワークス<3997>は7日、2019年12月期決算を発表した。数値は1月20日に同社が発表した業績予想の下方修正通りとなった。売上高は前期比1.1%減の19.89億円、営業利益は同75.6%減の1.24億円、経常利益は同75.3%減の1.25億円、当期純利益は同75.4%減の0.89億円となった。

大幅な減益となった要因は売上構成比の9割を占める金融ソリューション事業に求められる。同事業の売上高は前期比1.8%減の18.06億円となった。これは受注が第4四半期に集中したことで、売上の一部が2020年12月期に繰り越されたため。利益面では人事面でのコスト増加(自社エンジニア不足による派遣エンジニアを含めての対応)やクラウドサービスのアップデートへの追加費用発生があり、利益率を低下させた。

2020年12月期業績の会社計画は、売上高が前期比16.3%増の23.13億円、営業利益は同15.6%増の1.44億円、経常利益は同14.4%増の1.44億円、当期純利益は同11.9%増の1.00億円としている。





<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »