株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトバンクグループを対象とするコールが前日比7倍の大幅上昇(7日10:00時点のeワラント取引動向)  2月07日11時04分

新規買いは原資産の株価上昇が目立つソフトバンクグループ<9984>コール513回 2月 5,250円を順張り、ソフトバンクグループコール507回 3月 6,250円を順張り、ソフトバンクグループプット397回 5月 3,250円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つエヌエフ回路設計ブロック<6864>コール24回 5月 3,400円を逆張り、トリケミカル研究所<4369>コール37回 5月 9,500円を逆張り、アルバック<6728>コール32回 2月 4,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはグレイステクノロジー<6541>コール14回 3月 3,700円、バンダイナムコホールディングス<7832>プット17回 2月 6,000円、SUBARU<7270>コール88回 4月 3,250円、野村ホールディングス<8604>コール276回 2月 600円、日経平均 マイナス3倍トラッカー36回 2月 25,000円などが見られる。

上昇率上位はソフトバンクグループコール514回 2月 5,500円(前日比7倍)、ソフトバンクグループコール513回 2月 5,250円(前日比4.9倍)、ソフトバンクグループコール512回 2月 5,000円(前日比3.6倍)、ウーバー・テクノロジーズコール5回 2月 42米ドル(前日比3倍)、ニアピン米ドルr2 1244回 2月 106円(前日比2.6倍)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »