株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=JAL、高配当利回り銘柄として注目  2月07日10時01分

 JAL<9201.T>に注目したい。株価は3日に16年10月以来の安値を付けたことから値ごろ妙味が膨らんでいる。1月31日に、これまでの天候不順や米中貿易摩擦の影響による旅客、貨物の需要減を反映し20年3月期営業利益見通しを1700億円から1400億円(前期比20.5%減)へ下方修正した。更に、新型肺炎の感染拡大による業績の一段の下振れが予想される。ただ、足もとでは新型肺炎への対策は各国で打たれ始めている。また、今年は東京五輪の開催が予定されているほか、米中関係が改善に向かっていることもあり今期を底に21年3月期に向けた業績回復には期待が持てる。

 指標面ではPBR0.9倍台と割安感があることに加え、配当利回りは3.4%と高水準だ。加えて、28日まで実施される予定の自社株買いは約601万株(1月31日時点)の枠が残っていることも評価ポイントだ。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オリンパスは新値追い、足もとの好調さを踏まえ20年3月期業績予想を上方修正
アルペンが一時19%高、上期営業利益が計画大幅に上振れて着地
ソフトバンクグループは一時8%高と急騰、物言う株主「エリオット」が株式取得と報道


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »