株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 リード、ホロン、日パレットなど  2月08日07時32分

銘柄名<コード>7日終値⇒前日比
シュッピン<3179> 1072 -78
10-12月期は一転して営業減益に。

フジシールインターナショナル<7864> 2167 -233
10-12月期減益決算をマイナス視。

カチタス<8919> 4380 -290
10-12月期は営業減益に転じる。

ユーグレナ<2931> 908 -77
一昨日にかけての急騰の反動で利食い売り。

アウトソーシング<2427> 995 -60
UTグループの急落なども影響か。

ユニチカ<3103> 351 -9
第3四半期累計最終益は赤字に。

島津製作所<7701> 3035 -160
通期の業績予想を下方修正している。

サイバネットシステム<4312> 818 -32
引き続き今期業績見通しをマイナス視する動きに。

ベクトル<6058> 1222 -83
1月高値接近で戻り売りが優勢か。

テルモ<4543> 3941 -149
10-12月期営業利益は市場予想を下振れ着地。

いちご<2337> 423 -21
25日線レベルまでの上昇で戻り一服感も。

資生堂<4911> 71086 +0
市場想定下回る業績見通しもあく抜け感が優勢に。

トヨタ自動車<7203> 7862 -52
6日は決算発表後に買いあげられる展開となったが。

富士フイルムホールディングス<4901> 5428 -205
10-12月期実績や通期見通しは市場想定下振れ。

三菱ケミカルホールディングス<4188> 793.2 -6.4
6日場中発表の決算を引き続きマイナス視。

リード<6982> 469+80
大幅上方修正並びに大幅増配を好感。

アゼアス<3161> 1258+131
25日線レベルまでの調整からは押し目買いも優勢。

いい生活<3796> 680 +97
第3四半期累計営業益黒字転換など好材料視。

川本産業<3604> 1700 +158
ウイルス対策関連の一角にはリバウンド狙いの動きも。

高田工業所<1966> 908 -245
10-12月期収益水準低下を嫌気。

ホロン<7748> 5650+705
20年3月期第3四半期の営業利益は前年同期の約2.5倍の13.64億円、通期計画を超過。

Amazia<4424> 7220+1000
20年9月期第1四半期の営業利益は前年同期の約3.9倍の2.96億円、上期計画を超過。

メルカリ<4385> 2338 +173
上期最終は141億円の赤字で着地、
足元の全体相場の改善で出尽くし感優勢との指摘も。

日パレット<4690> 4865 +700
20年3月期第3四半期の営業利益を前年同期比215.8%増の3.96億円と発表。

ツクイスタッフ<7045> 2010 -390
下方修正を発表、今期営業利益見通しは4.72億円から3.41億円に。

重松製作所<7980> 12535 +64
新型肺炎関連に物色が再燃。

リベレステ<8887> 909 +16
110万株(10億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。

ソシャルワイヤ<3929> 1522 +117
上値追いの動きが続く。

コーユーレンティア<7081> 2290 -
JASDAQ市場へ新規上場、公開価格を32.8%上回る2510円での初値形成。

ジモティー<7082> - -
マザーズ市場へ新規上場、前場時点では初値形成に至らず。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »