株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続落、主力処が冴えない、IPOのジモティーは好調な初値形成  2月10日16時40分

 本日のマザーズ指数は続落となった。米株安の流れから主力・新興ともに売りが先行。なお、マザーズ指数はミクシィ<2121>が朝高後に上げ幅を縮め、その他の主力処も冴えなかったことに加え、物色も個別材料株に留まったことで、前場はもみ合いに終始。その後、11日が祝日ということもあり、後場に入ると下げ幅をさらに広げる展開となった。売買代金は概算で604.17億円。騰落数は、値上がり122銘柄、値下がり179銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、先週7日に新規上場し初値持越しとなっていたジモティー<7082>がマザーズ売買代金トップにランクイン。なお、公開価格(1000円)の2.3倍となる2300円での初値形成となった。ただ、地合いも影響しその後は2000円を中心とした推移に。6%安となったメルカリ<4385>を筆頭に、サンバイオ<4592>、アンジェス<4563>、マネーフォワード<3994>、ラクス<3923>などマザーズ市場の主力処、JMDC<4483>など直近IPO銘柄の一角で売りに押される銘柄が散見された。その他、ACSL<6232>、Kudan<4425>、バルテス<4442>、エーアイ<4388>などが下落。一方、個人投資家の関心が向かい14%高となったAmazia<4424>を筆頭に、エルテス<3967>との業務提携を発表したホープ<6195>、14日から東証1部に上場市場を変更するanfac<7035>、20年12月期見通しが好感されたLTS<6560>などに関心が向かった。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »