株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヒノキヤG続伸、20年12月期は3期ぶりの営業最高益更新を見込む  2月12日14時52分

 ヒノキヤグループ<1413.T>は続伸。10日取引終了後に発表された20年12月期連結業績について、売上高1240億円(前期比5.4%増)、営業利益68億円(同8.5%増)、純利益35億円(同46.7%増)と3期ぶりに営業最高益更新を見込んでおり、これが好感されているようだ。

 主力の住宅事業で、顧客ニーズに対応した3ブランド(桧家住宅、パパまるハウス、レスコハウス)戦略によるエリア拡大に加えて、新時代空調システム「Z空調(ゼックウチョウ)」をはじめとする付加価値の高い住宅の供給と住宅関連事業の強化などにより収益の拡大を図る見通しだ。

 なお、同時に発表した19年12月期業績は、売上高1176億8700万円(前の期比6.7%増)、営業利益62億6900万円(同42.4%増)、純利益23億8600万円(同3.6%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位に大幸薬品
アルテックが後場急伸、オットー・モーターズの日本市場参入をサポート
<個人投資家の予想> 02月12日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »