株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:ヤマト・インダ、AIinsideがストップ高  2月13日16時42分

<7886> ヤマト・インダ 1062 +150
ストップ高。20年3月期の営業損益を従来予想の0.60億円の黒字から1.30億円の黒字(前期実績0.58億円の赤字)に上方修正している。不採算取引の見直しや合理化による経費削減の取り組みが奏功した。第3四半期累計の営業損益は前年同期比357.2%増の1.56億円の黒字で着地した。合成樹脂成形関連事業が黒字に転換したほか、物流機器関連事業で利益率が改善した。

<4748> 構造計画 2860 -295
急落。20年6月期第2四半期累計の営業損益を3.01億円の赤字(前年同期実績1.65億円の赤字)と発表している。エンジニアリングコンサルティング案件の一部の計上時期が第3四半期以降となっているほか、積極的な営業活動を展開したことに伴い販売費が増加した。通期予想は前期比20.8%増の15.00億円の黒字で据え置いた。赤字拡大を受けて計画未達への警戒感が広がり、売り優勢となった。

<2436> 共同PR 1395 +199
一時ストップ高。映像制作などを手掛けるアーツエイハンと資本業務提携契約を締結し、持分法適用関連会社化すると発表。第三者割当増資で発行される331株(議決権所有割合33.4%)を取得する。取得価額は非公表。動画作成などで協業するほか、顔認識技術での製品開発や拡販を行う。20年12月期の営業利益予想は前期比29.6%増の6.50億円。19年12月期の営業利益は12.9%増の5.01億円だった。

<7047> ポート 912 +20
大幅に続伸。20年3月期第3四半期累計の営業利益を前年同期比35.4%増の4.40億円と発表。キャリア系メディア「キャリアパーク!」、ファイナンス系メディア「マネット」などのインターネットメディア事業の業績が堅調に推移した。通期予想は前期比26.5%増の6.85億円で据え置いた。進捗率は64.2%。3日に上場来安値(831円)を付けており、値頃感があることも買いやすさにつながったようだ。

<4488> AIinside 16790 +3000
ストップ高。20年3月期の営業損益を従来予想の2.11億円の黒字から3.33億円の黒字(前期実績1.81億円の赤字)に上方修正。代理店による顧客獲得件数が想定を上回り、「DX Suite」クラウド版の新規契約数が増加。「AI inside Cube」の需要高く、本番利用での導入台数が計画を上回ったことも利益押し上げの見通し。第3四半期累計の営業損益は2.99億円の黒字で着地した。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »