株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トリドールの第3四半期営業利益は26%増、1株から2株への株式分割も発表  2月13日16時46分

 トリドールホールディングス<3397.T>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(19年4~12月)連結決算を発表しており、売上高1192億7200万円(前年同期比9.5%増)、営業利益82億6800万円(同25.8%増)、純利益39億6900万円(同1.9%増)となった。

 「丸亀製麺」を20店舗出店したほか、カフェ事業の展開を積極的に進めその他業態で35店舗を出店したことが牽引した。カフェ業態の積極出店に伴う経費負担増はあったものの、丸亀製麺の売り上げ増や、海外事業で収益性を重視しつつも積極的な展開を継続したことなども寄与し増益となった。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高1590億6000万円(前期比9.7%増)、営業利益95億7200万円(同31.7%増)、純利益26億1000万円(同9.8倍)の従来見通しを据え置いている。

 同時に、3月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表した。投資単位あたりの金額を引き下げることで、より投資しやすい環境を整え、株式の流動性向上及び投資家層の拡大を図ることが目的という。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
13日中国・上海総合指数=終値2906.0735(-20.8256)
13日韓国・KOSPI=終値2232.96(-5.42)
<個人投資家の予想> 02月13日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »