株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イグニス---1Q2ケタ増収・営業利益が黒字に転換、マッチング事業が業績に貢献  2月17日12時19分

イグニス<3689>は13日、2020年9月期第1四半期(19年10月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比11.4%増の14.96億円、営業利益が0.65億円(前年同期は3.40億円の損失)、経常利益が0.19億円(同3.61億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が0.71億円(同4.16億円の損失)となった。
同社はこの第1四半期より報告セグメントの区分を変更しており、従来まで開示されていなかった各事業のセグメント利益開示まで行った。

マッチング事業(恋愛・婚活マッチングサービス「with」)の売上高は前年同期比39.2%増の8.97億円、セグメント利益は同111.8%増の2.85億円となった。国内でオンラインマッチングサービスが急速に浸透してきていることから、プロモーションによる新規流入だけでなく、クチコミによる新規流入も増加傾向にあり、2019年12月末時点におけるユーザー数は250万人を突破するなど、サービスは引き続き順調に成長している。この売上高・セグメント利益から見てとれるのが、この事業が連結業績に貢献度が高いことが言える。

エンターテック事業(「INSPIX」運営やタレントマネジメント)の売上高は前年同期比431.8%増の0.68億円、セグメント損失は3.21億円(前年同期は3.50億円の損失)となった。バーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」の大型アップデートに向けた開発投資を積極的に行った。

ゲーム事業の売上高は前年同期比21.2%減の5.13億円、セグメント利益は同3,100.4%増の1.63億円となった。新規開発の凍結、「でみめん」のサービス終了を実施した。また、2020年3月2日付で「ぼくとドラゴン」と「猫とドラゴン」の2タイトルに係る事業等をドリコム<3793>に譲渡することを予定している。

2020年9月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比28.2%減の40.00億円とする期初計画を据え置いている。なお、営業利益、経常利益並びに親会社株主に帰属する当期純利益については、不確定要素が多く存在するため公表していない。





<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »