株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日続落、ファーストリテとアドバンテの2銘柄で約43円押し下げ  2月17日16時44分

17日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり46銘柄、値下がり168銘柄、変わらず11銘柄となった。

日経平均は3日続落。14日の米国市場でNYダウは続落し、25ドル安となった。1月小売売上高が堅調だったことなどが好感されたものの、新型肺炎への懸念が根強く、3連休を前に利益確定の売りが出た。また、取引開始前に発表された2019年10-12月期国内総生産(GDP)速報値が前期比年率6.3%減となったことも嫌気され、週明けの日経平均は197円安からスタートすると、朝方には一時23335.99円(前週末比351.60円安)まで下落。ただ、売りが一巡すると中国・上海株や香港株の上昇を支えに下げ渋った。

大引けの日経平均は前週末比164.35円安の23523.24円となった。東証1部の売買高は11億6591万株、売買代金は2兆0165億円だった。業種別では、空運業、食料品、金属製品が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのはゴム製品と水産・農林業の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の84%、対して値上がり銘柄は14%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はアドバンテ<6857>となり、2銘柄で日経平均を約43円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはキリンHD<2503>で7.70%安、同2位はクボタ<6326>で4.89%安だった。キリンHDは、協和バイオなどの苦戦を映した今期業績見通しが嫌気された。クボタは、20年12月期の営業利益見通しが市場コンセンサスを200億円近く下回ったことで、想定外の収益モメンタム悪化をマイナス視する動きに。

一方、値上がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約11円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは浜ゴム<5101>で4.77%高、同2位はユニチカ<3103>で3.31%高だった。浜ゴムは決算発表後も買い優勢の展開が続く格好で、ユニチカは新型肺炎関連の一角として物色が向かった。


*15:00現在

日経平均株価  23523.24(-164.35)

値上がり銘柄数  46(寄与度+38.12)
値下がり銘柄数 168(寄与度-202.47)
変わらず銘柄数  11

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<6954> ファナック       20835     180 +6.48
<9984> ソフトバンクG     5540      23 +4.97
<4901> 富士フイルム      5368     104 +3.75
<6367> ダイキン        15220     100 +3.60
<1925> 大和ハウス       3413      79 +2.85
<4063> 信越化         13630      65 +2.34
<8028> ファミマ         2513      14 +2.02
<5101> 浜ゴム          1998      91 +1.64
<6971> 京セラ          7452      19 +1.37
<9433> KDDI           3431       6 +1.30
<4324> 電通G           3555      30 +1.08
<7951> ヤマハ          5790      30 +1.08
<8630> SOMPOHD         4332     104 +0.94
<4755> 楽天            930      25 +0.90
<5108> ブリヂストン      3908      17 +0.61
<6702> 富士通         12575     145 +0.52
<2269> 明治HD          7150      60 +0.43
<9064> ヤマトHD         1931      10 +0.36
<8267> イオン          2321     7.5 +0.27
<8001> 伊藤忠          2623       6 +0.22

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    58570     -900 -32.42
<6857> アドバンテ       5740     -150 -10.81
<4543> テルモ          3826     -70 -10.09
<8035> 東エレク        25415     -270 -9.73
<6762> TDK           11620     -250 -9.01
<7733> オリンパス      1980.5     -56 -8.07
<2503> キリンHD         2337     -195 -7.02
<2502> アサヒ          4827     -184 -6.63
<6758> ソニー          7452     -170 -6.12
<2413> エムスリー       3200     -60 -5.19
<4578> 大塚HD          4602     -139 -5.01
<4568> 第一三共         7603     -135 -4.86
<8830> 住友不          4111     -102 -3.67
<4911> 資生堂          7039     -98 -3.53
<9735> セコム          9685     -98 -3.53
<4523> エーザイ         8858     -93 -3.35
<4507> 塩野義          6371     -93 -3.35
<6326> クボタ         1632.5     -84 -3.03
<8252> 丸井G           2425     -60 -2.16
<4503> アステラス薬      1895    -11.5 -2.07




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »