株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

電鉄株が軒並み安、肺炎感染拡大を背景としたテレワーク推進で乗客減少を警戒◇  2月17日11時04分

 東武鉄道<9001.T>、東急<9005.T>、京成電鉄<9009.T>など電鉄株が軒並み安、JR東日本<9020.T>は連日の昨年来安値更新となった。新型肺炎で旅客需要の減少が予想されるほか、通勤についても業態によってはテレワークに切り替える動きが出ていることで、収益面でデメリットが生じることへの懸念が株安の背景にある。これまで、主力輸出株が調整局面にあっても電鉄株はディフェンシブストック的な位置づけで根強い買いが入る場面もあったが、ここにきて下げが加速している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日リーテックが一時S高、3月5日付で東証1部指定と記念配当を好感◇
日本フォームが急反発、第1四半期最終利益が上期計画上回る
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にイオレ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »