株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

14時の日経平均は200円安の2万3486円、ファストリが35.66円押し下げ  2月17日14時01分

 17日14時現在の日経平均株価は前週末比200.93円(-0.85%)安の2万3486.66円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は272、値下がりは1836、変わらずは51と、値下がり銘柄の割合が80%を超えている。

 日経平均マイナス寄与度は35.66円の押し下げでファストリ <9983>がトップ。以下、アドテスト <6857>が13.69円、東エレク <8035>が12.25円、TDK <6762>が11.17円、テルモ <4543>が9.08円と続いている。

 プラス寄与度トップはファナック <6954>で、日経平均を4.68円押し上げている。次いで富士フイルム <4901>が3.93円、大和ハウス <1925>が2.56円、ダイキン <6367>が2.34円、浜ゴム <5101>が1.68円と続く。

 業種別では33業種中31業種が下落し、上昇はゴム製品、水産・農林の2業種のみ。値下がり1位は空運で、以下、食料、金属製品、倉庫・運輸、サービス、陸運と並ぶ。

 ※14時0分13秒時点

株探ニュース

【関連ニュース】
13時の日経平均は178円安の2万3509円、ファストリが35.66円押し下げ
日経平均17日前引け=3日続落、150円安の2万3537円
11時の日経平均は154円安の2万3532円、ファストリが36.02円押し下げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »