株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は4日続落、イメージワン、極東産機がS安  2月17日15時04分

 17日大引けの日経ジャスダック平均は前週末比37.93円安の3743.15円と4日続落。値上がり銘柄数は151、値下がり銘柄数は504となった。

 個別ではイメージ ワン<2667>、極東産機<6233>がストップ安。Mipox<5381>は一時ストップ安と急落した。ルーデン・ホールディングス<1400>、地域新聞社<2164>、成学社<2179>、フォーサイド<2330>、極楽湯ホールディングス<2340>など34銘柄は昨年来安値を更新。日本一ソフトウェア<3851>、レカム<3323>、ジェイ・エスコムホールディングス<3779>、アエリア<3758>、多摩川ホールディングス<6838>は値下がり率上位に売られた。

 一方、中京医薬品<4558>、免疫生物研究所<4570>、興研<7963>、重松製作所<7980>がストップ高。大木ヘルスケアホールディングス<3417>は一時ストップ高と値を飛ばした。日本電技<1723>、守谷商会<1798>、オールアバウト<2454>、ジェーシー・コムサ<2876>、オーシャンシステム<3096>など7銘柄は昨年来高値を更新。コスモ・バイオ<3386>、チエル<3933>、オリエンタルコンサルタンツホールディングス<2498>、フィスコ<3807>、日邦産業<9913>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

【関連ニュース】
ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は4日続落、イメージワンがS安
週間ランキング【値上がり率】 (2月14日)
明日の決算発表予定 ブリヂストン、洋インキHDなど5社 (2月14日)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »