株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=164円安、新型肺炎への警戒感くすぶり下値模索  2月17日15時39分

 17日の東京株式市場はリスク回避の売りが優勢だった。新型肺炎の感染拡大に対する警戒感が強く、日経平均株価は一時350円強下げる場面もあった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比164円35銭安の2万3523円24銭と3日続落。東証1部の売買高概算は11億6591万株、売買代金概算は2兆165億2000万円。値上がり銘柄数は294、対して値下がり銘柄数は1819、変わらずは47銘柄だった。

 きょうの東京市場は、引き続き新型肺炎の影響を警戒する動きが継続、主力株をはじめ広範囲に買い手控えられた。朝方取引開始前に発表した10~12月期の実質GDP速報値は5四半期ぶりにマイナス成長に転じ、年率換算で6.3%減と市場コンセンサスを大きく下回ったことも見送りムードを助長した。取引時間中は為替がそれほど円高に振れなかったことや、中国・上海株市場や香港株などが、中国人民銀の金融緩和措置を好感して堅調な値運びをみせたことで下げ渋る動きをみせた。ただ、値上がりは新型肺炎の対策関連銘柄に偏っており、全体的にも値下がり銘柄数の多さが目立つ。業種別ではゴム製品、水産を除きほぼ全面安に近く、食料品などのディフェンシブストックにも売りがかさんだ。なお、売買代金は12営業日連続で2兆円台を上回っている。

 個別では、ソニー<6758.T>が軟調、東京エレクトロン<8035.T>、TDK<6762.T>なども売りに押された。日産自動車<7201.T>も下値模索の動き。ファーストリテイリング<9983.T>、オリエンタルランド<4661.T>が安く、資生堂<4911.T>も冴えない。マイネット<3928.T>、インフォマート<2492.T>、シンシア<7782.T>などはストップ安。ツナググループ・ホールディングス<6551.T>も一時値幅制限いっぱいに売り込まれた。日機装<6376.T>、シンクロ・フード<3963.T>なども大幅安。

 半面、ソフトバンクグループ<9984.T>、任天堂<7974.T>がしっかり。大幸薬品<4574.T>、ニイタカ<4465.T>はストップ高に買われた。ユニ・チャーム<8113.T>などが大きく買われたほか、富士通<6702.T>も高い。アイ・エス・ビー<9702.T>も値を飛ばした。ブイキューブ<3681.T>、栄研化学<4549.T>も物色人気。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
インフォMTがS安、20年12月期は2ケタ増収も大幅減益見込む
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で下げ幅拡大
「半導体製造装置」が6位にランクイン、米SOX指数の最高値上昇で再評価余地<注目テーマ>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »