株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経Dインバは75日線ブレーク目前、個人投資家の間でも先安観強まる  2月18日12時45分

 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357.T>が4日続伸、中長期トレンドの分水嶺である75日移動平均線との下方カイ離を解消し上抜ける動きをみせている。騰落率が日経平均株価のマイナス2倍になるように設定された逆連動型のETFで、全体相場の下値模索の展開となると上値指向を強める仕組みとなっている。全体相場は全面安に近い商状で日経平均は2万3100円台まで下落、大台攻防が意識される局面となってきた。日経Dインバは直近7日現在の信用残で買い残が急増しており、個人投資家の間でも先安感が強まっていることを示唆している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
松風が大幅安、株主優待の優待価格販売でマスクの取り扱いを中止
債券:先物、後場始値は前営業日比12銭高の152円70銭
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で下げ幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »