株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 スガイ化学工業、ハウテレビジョン、ギフトなど  2月19日07時32分

銘柄名<コード>18日終値⇒前日比
オプトラン<6235> 3220 -150
半導体関連株安に引きずられる。

シキボウ<3109> 1302 -94
マスク関連株は全般的に軟化の動きに。

ビー・エム・エル<4694> 3420 -280
ウイルス検査の需要増加思惑などで前日は大幅高。

SUMCO<3436> 1794 -102
リスクオフの流れの中で半導体関連の下げが目立つ。

ソフトバンクグループ<9984> 5269 -271
印オヨが19年3月期に損失拡大などと伝わる。

東京エレクトロン<8035> 24205 -1210
米国が中国向け半導体製造機器の使用制限を検討とも伝わる。

村田製作所<6981> 6114 -216
米アップルが1-3月期売上高未達を示唆。

大幸薬品<4574> 5680 -330
17日にかけて大幅高の反動も。

安川電機<6506> 3740 -135
大和証券では投資判断を格下げ。

ブリヂストン<5108> 3903 -5
今期の増益見通し受けて安心感が先行へ。

昭和化学工業<4990> 1188 +143
ウイルス関連全般軟化の中で異彩高目立つ。

スガイ化学工業<4120> 2390 +400
ウイルス対策関連のなかで18日は選別物色。

レオクラン<7681> 2058 -397
引き続き先週末発表の決算を嫌気。

アゼアス<3161> 1397 -179
ウイルス関連軟化の中で利食い売りも優勢に。

新内外綿<3125> 1198 -147
短期的なリバウンドにも一巡感強まる。

マナック<4364> 1400 -235
ウイルス対策関連軟化で戻り売り圧力強まる。

チームスピリット<4397> 2160 +13
国内証券の強気格付け観測が好感されるも朝高後は失速。

ハウテレビジョン<7064> 2260 +233
20年1月期の通期予想を上方修正、営業利益は0.50億円から0.90億円に引き上げ。

ジーンテクノサイエンス<4584> 909 -14
日本再生医療の株式をノーリツ鋼機から取得し子会社化する。

ギフト<9279> 3415 +175
3月18日を基準日として1株につき2株の割合で分割すると発表。

スマレジ<4431> 3835 -15
1月のクラウドPOSレジ「スマレジ」登録店舗数は前月比1004社増の81457店に。

イグニス<3689> 1234 -206
足元の急伸に対する利食いの動きが優勢。

マーケットE<3135> 1863 -262
決算発表後は売りが続く。

Aiming<3911> 522 +55
ひとまず連日の調整を受けた自律反発の動きに。

重松製作所<7980> 1860 -88
新型肺炎関連は高安まちまちの展開。

大塚家具<8186> 216 +11
低位株の一角に物色も。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »