株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比215円高の23585円  2月20日08時20分

ADR(米国預託証券)の日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、エーザイ<4523>、富士通<6702>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル111.34円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比215円高の23585円。

米国株式相場は上昇。ダウ平均は115.84ドル高の29348.03、ナスダックは84.44ポイント高の9817.18で取引を終了した。中国政府による景気支援策が好感され、買いが先行。昨日に下落が目立ったハイテク株を中心に買い戻しが広がり、終日堅調推移となった。FOMC議事録では、多くの連銀高官が現行の金融政策が適切と考えており、金利を維持する方針で一致したことが示された。S&P500とナスダックは過去最高値を更新。

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円47銭から111円59銭まで上昇して111円36銭で引けた。米国の1月生産者物価指数や1月住宅着工件数が予想を上回ったため米債利回り上昇に伴うドル買いが加速。また、中国での新型肺炎の感染拡大ペースが若干鈍化、景気支援するための中国中銀の利下げ期待にリスク選好の円売り、日本の景気後退入りを織り込む円売りなどが優勢となった。ユーロ・ドルは、1.0782ドルまで下落後、1.0809ドルまで反発して1.0808ドルで引けた。

NY原油先物3月限は大幅高(NYMEX原油3月限終値:53.29 ↑1.24)。


■ADR上昇率上位銘柄(19日)
<8303> 新生銀 3.1ドル 1729円 (53円) +3.16%
<9984> ソフトバンクG 24.75ドル 5511円 (160円) +2.99%
<6479> ミネベア 39.5ドル 2199円 (47円) +2.18%
<8309> 三井トラスト 3.64ドル 4053円 (83円) +2.09%
<5631> 日製鋼 8.49ドル 1891円 (38円) +2.05%


■ADR下落率上位銘柄(19日)
<6460> セガサミーHD 3.62ドル 1612円 (-21円) -1.29%
<6753> シャープ 3.29ドル 1465円 (-12円) -0.81%
<1801> 大成建 9.15ドル 4075円 (-10円) -0.24%
<6976> 太陽電 123.5ドル 3438円 (-7円) -0.2%
<8411> みずほFG 2.83ドル 158円 (-0.3円) -0.19%


■その他ADR銘柄(19日)
<1925> 大和ハウス 29.47ドル 3281円 (15円)
<1928> 積水ハウス 21.24ドル 2364円 (34円)
<2503> キリン 20.56ドル 2289円 (19.5円)
<2802> 味の素 18.09ドル 2014円 (33.5円)
<3402> 東レ 12.46ドル 694円 (1.7円)
<3407> 旭化成 18.41ドル 1025円 (12.5円)
<3938> LINE 48.36ドル 5384円 (14円)
<4523> エーザイ 81.15ドル 9035円 (88円)
<4901> 富士フイルム 48.92ドル 5447円 (63円)
<4911> 資生堂 63.84ドル 7108円 (79円)
<5108> ブリヂストン 18ドル 4007円 (24円)
<6301> コマツ 20.76ドル 2311円 (14円)
<6479> ミネベア 39.5ドル 2199円 (47円)
<6503> 三菱電 28.24ドル 1572円 (18.5円)
<6586> マキタ 37.78ドル 4206円 (56円)
<6645> オムロン 60.51ドル 6737円 (117円)
<6702> 富士通 22.9ドル 12746円 (66円)
<6723> ルネサス 3.48ドル 775円 (9円)
<6758> ソニー 67.07ドル 7468円 (98円)
<6762> TDK 103.72ドル 11548円 (218円)
<6902> デンソー 20.12ドル 4480円 (55円)
<6954> ファナック 18.51ドル 20609円 (254円)
<6988> 日東電 27.35ドル 6090円 (100円)
<7201> 日産自 9.19ドル 512円 (7.4円)
<7202> いすゞ 10.32ドル 1149円 (16.5円)
<7203> トヨタ 137.84ドル 7674円 (131円)
<7267> ホンダ 27.08ドル 3015円 (40円)
<7270> SUBARU 13ドル 2895円 (39.5円)
<7733> オリンパス 18.6ドル 2071円 (14円)
<7741> HOYA 94.46ドル 10517円 (112円)
<7751> キヤノン 25.22ドル 2808円 (17.5円)
<7912> 大日印 13.16ドル 2932円 (12円)
<7974> 任天堂 45.45ドル 40483円 (433円)
<8001> 伊藤忠 47.12ドル 2623円 (22.5円)
<8002> 丸紅 71.5ドル 796円 (9.2円)
<8031> 三井物 349.93ドル 1948円 (14円)
<8053> 住友商 15.04ドル 1674円 (28.5円)
<8058> 三菱商 51.5ドル 2867円 (31円)
<8306> 三菱UFJ 5.06ドル 563円 (2.4円)
<8309> 三井トラスト 3.64ドル 4053円 (83円)
<8316> 三井住友 6.81ドル 3791円 (40円)
<8411> みずほFG 2.83ドル 158円 (-0.3円)
<8591> オリックス 86.6ドル 1928円 (21円)
<8604> 野村HD 5.08ドル 566円 (8.3円)
<8766> 東京海上HD 55.06ドル 6130円 (73円)
<8802> 菱地所 18.92ドル 2107円 (10.5円)
<9432> NTT 25.21ドル 2807円 (17.5円)
<9735> セコム 21.57ドル 9606円 (34円)
<9983> ファーストリテイ 54.2ドル 60346円 (356円)
<9984> ソフトバンクG 24.75ドル 5511円 (160円)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »