株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅続落、新型コロナによる株安続く、値上がり率トップは2日連続でリアルワールド  2月26日16時14分

 本日のマザーズ指数は、昨日に続き全面安商状となるなか、とりわけ下げがきつく、大幅に続落した。前日の米国市場では、朝方は小幅上昇して寄り付いたものの、米疾病対策センター(CDC)が新型コロナウイルスの米国での流行を警告すると、投資家のリスク選好姿勢が一段と後退し大幅続落となった。円相場も1ドル=110円台へと円高が進み、リスク回避の動きが鮮明となった。こうした投資家センチメントが悪化している環境下においては、中小型株は流動性リスクが意識されるところもあり、東証1部市場の大型株などよりも下げがきつい展開となり、マザーズ指数は一時780ptを下回る場面もあった。なお、売買代金は概算で954.34億円。騰落数は、値上がり61銘柄、値下がり247銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、買いの流れが続いたリアルワールド<3691>が28%超と2日連続でストップ高を演じた。また、非開示だった20年12月期について営業損益0.5億円と黒字化予想を発表したアプリックス<3727>は14%超と上伸し、消費者が外出を控えることで食材宅配サービス需要が伸びるとの思惑からオイシックス<3182>も8%超と大幅に上昇した。
そのほか、フィードフォース<7068>、HENNGE<4475>、Amazia<4424>、Chatwork<4448>、AIinside<4488>などが値上がり率上位に入った。一方、値下がり率上位には利益確定売りに押される銘柄が並んだ。オンライン診療が広まるとの思惑から昨日大幅高となったMRT<6034>が12%安の大幅反落で値下がり率トップにランクインし、同様の背景からメドレー<4480>が11%安で同2位に並んだ。そのほか、すららネット<3998>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>、AHCグループ<7083>、エクストリーム<6033>、インパクト<6067>などが値下がり率上位に入った。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »