株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日清食HDが4日ぶり反発、国内大手証券が目標株価を1万円に引き上げ  2月26日13時20分

 日清食品ホールディングス<2897.T>が4日ぶりに反発している。SMBC日興証券が25日付で、投資評価「1」を継続し、目標株価を9500円から1万円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券では、海外が中国、ブラジルを中心に本格的な成長軌道に乗ったと指摘。米国もプレミアム化への転換で、事業の地盤固めに向け大きく前進していると評価している。一方、国内は、来期から大型投資の刈取り期に入り、在庫削減にも着手しており、収益性が向上するステージに突入すると見込んでいる。消費税増税後の節約志向の高まりや、新型肺炎の影響で消費が減速するなか、安くて値頃感があり備蓄食ともなる即席麺の需要は国内外で底堅く推移すると見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
メイテックが反発、自社株30万株を3月31日付で消却へ
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
大塚商会が反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »