株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水製薬が波乱相場のなか買い優勢に、新型コロナ診断薬で思惑◇  2月27日13時22分

 日水製薬<4550.T>が全般波乱相場のなか買い優勢の展開となっている。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が懸念されるなか、診断薬や検査キットを手掛ける銘柄の一角が注目されている。同社は臨床診断薬などを手掛け、子会社で医薬品事業にも展開する。会社側では「新型コロナに対応する取り組みも当然検討課題となっている」としており、関連株の一角として買いを引き寄せている。また、同社の過半の株式を日本水産<1332.T>が保有しており親子上場関連としての側面でも思惑が高まりやすい。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<02月26日の昨年来安値更新銘柄> 02月27日
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にキョーリン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »