株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約43円分押し下げ  3月03日16時35分

3日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり16銘柄、値下がり209銘柄、変わらず0銘柄となった。

日経平均は大幅反落。2日の米国市場でNYダウは8日ぶりに大幅反発し、1293ドル高と過去最大の上げ幅を記録した。主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁が新型肺炎への対応を巡り電話会議を開くと報じられ、協調緩和への期待が高まった。本日の日経平均も307円高からスタートすると、朝方には一時21719.78円(前日比375.70円高)まで上昇。ただ、新型肺炎への懸念から上値は重く、G7の電話会議について「具体的な政策対応は盛り込まない方向」と伝わると売りに押され、この日の安値で取引を終えた。大引けの日経平均は前日比261.35円安の21082.73円となった。東証1部の売買高は17億6490万株、売買代金は3兆0719億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、証券、倉庫・運輸関連業、水産・農林業が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の90%、対して値上がり銘柄は9%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約27円押し下げた。同2位は東エレク<8035>となり、ファナック<6954>、ダイキン<6367>、アドバンテス<6857>、アステラス薬<4503>、ファミマ<8028>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはDOWA<5714>で4.71%安、同2位はスカパーJ<9412>で4.43%安となった。

一方値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>で1銘柄で日経平均を約11円押し上げた。同2位はエーザイ<4523>となり、NTTデータ<9613>、スズキ<7269>、武田薬<4502>などがつづいた。日経平均構成銘柄の上昇率トップは帝人<3401>で4.68%高となった。同社子会社帝人ファーマが手がける喘息治療薬「シクレソニド」(商品名「オルベスコ」)を新型肺炎患者に対して投与したあと、症状の改善が見られたという報告が日本感染症学会のウェブサイトに掲載されたと報じられたことが材料視された。


*15:00現在

日経平均株価  21082.73(-261.35)

値上がり銘柄数  16(寄与度+19.94)
値下がり銘柄数 209(寄与度-281.29)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     5088           50 +10.81
<4523> エーザイ         8018           64 +2.31
<9613> NTTデータ        1298           12 +2.16
<7269> スズキ          4374           44 +1.59
<4502> 武田           3800           27 +0.97
<7733> オリンパス       2002           6 +0.86
<3401> 帝人           1856           83 +0.60
<3407> 旭化成         889.4          9.6 +0.35
<5301> 東海カ           961           4 +0.14
<7205> 日野自           890           1 +0.04
<1808> 長谷工          1370           5 +0.04
<5201> AGC            3105           5 +0.04
<9502> 中部電          1402          5.5 +0.02
<5541> 大平金          2036           3 +0.01
<7003> 三井E&S          829           2 +0.01
<9101> 郵船           1561           2 +0.01

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    53520         -750 -27.02
<8035> 東エレク        22880         -450 -16.21
<6954> ファナック       17695         -435 -15.67
<6367> ダイキン        14320         -350 -12.61
<6857> アドバンテ       4990         -170 -12.25
<4503> アステラス薬     1686.5          -50 -9.01
<8028> ファミマ         2346          -52 -7.49
<2413> エムスリー       2908          -83 -7.18
<4063> 信越化         11975         -170 -6.12
<6971> 京セラ          6671          -71 -5.12
<7951> ヤマハ          5200         -140 -5.04
<6098> リクルートHD      3804          -46 -4.97
<7832> バンナムHD       5515         -121 -4.36
<9735> セコム          8479         -121 -4.36
<6645> オムロン         5780         -120 -4.32
<4507> 塩野義          5683         -115 -4.14
<6762> TDK           10510         -110 -3.96
<7203> トヨタ          7044         -110 -3.96
<4568> 第一三共         6730         -108 -3.89
<3382> 7&iHD           3639         -103 -3.71




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »