株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイルの上期営業利益は3.3倍  3月06日16時32分

 アイル<3854.T>がこの日の第2四半期(19年8月~20年1月)連結決算を発表しており、売上高69億5700万円(前年同期比47.0%増)、営業利益12億2600万円(同3.3倍)、純利益8億900万円(同3.3倍)だった。

 19年10月の消費税率の改定や20年1月のWindows7のサポート終了に伴い、「リアル」面で「アラジンオフィス」の受注が大幅に増加した。一方「Web」面では、複数ネットショップ一元管理ソフト「CROSS MALL」、ネットショップと実店舗のポイント・顧客一元管理ソフト「CROSS POINT」ともに販売実績を伸ばした。

 なお、20年7月期通期業績予想は、売上高123億4200万円(前期比17.3%増)、営業利益15億1900万円(同59.7%増)、純利益10億800万円(同62.4%増)の従来見通しを据え置いているが、中間・期末配当は各5円から各7円に増額修正した。年間配当は14円(従来予想10円)となる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
6日の主なマーケットイベント
ミアヘルサの公開価格は2330円に決定、3月17日ジャスダック市場に新規上場
リビングPの公開価格は3900円に決定、3月17日マザーズ市場に新規上場


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »