株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:OSGコーポは大幅に3日続落、ケア21が大幅に反発  3月09日16時32分

<2438> アスカネット 918 -205
急落。20年4月期第3四半期累計の営業利益を前年同期比7.1%減の6.49億円と発表している。メモリアルデザインサービス事業で人件費や研究開発費が増加した。エアリアルイメージング事業の赤字が拡大したことも利益を押し下げる要因となった。通期予想は前期比5.1%減の8.24億円で据え置いた。

<2342> トランスG 379 -4
後場急伸後マイナス転換。新型コロナウイルスの感染や社会的影響の拡大を受け、感染に必要な受容体のエクソン(翻訳配列)をヒト化したマウスの開発を開始すると発表している。独自技術のエクソンヒト化マウス技術を用いて、感染・発症メカニズムの解明することが目的。

<8746> 第一商品 394 +22
急騰。新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済の不安定要因になるとの見方から投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産である金相場が上昇したことが材料視されている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である4月物は一時1オンス=1700ドルを突破。商品先物関連として同社のほか、フジトミ<8740>、岡藤HD<8705>などにも買いが向かう展開に。

<4645> 市進HD 400 -4
一時反発もマイナス転換。新型コロナウイルスの影響で生徒がグループの学習塾に通塾できない場合、自宅で映像授業「ウイングネット」を視聴し、カリキュラムを止めることなく学習を進められるよう対応すると2日に発表し、改めて買い材料視された。新型ウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、臨時休校が長期化した場合は自宅学習の需要が高まるとの見方が背景にあるようだ。

<6757> OSGコーポ 1303 -231
大幅に3日続落。20年1月期の営業利益を従来予想の5.80億円から7.45億円(前期実績3.05億円)に上方修正する一方、純利益を2.90億円から2.65億円(同0.90億円)に下方修正している。フランチャイズ事業で宅配・食品関連の拡大を図り、営業利益が伸びた。ただ、金融市場全般で投資家のリスク回避姿勢が強まるなか、純利益の縮小が嫌気されて売り優勢となっている。

<2373> ケア21 1538 +201
大幅に反発。20年10月期第1四半期の営業利益を前年同期比50.0%増の3.92億円と発表している。在宅系介護事業が好調だったことに加え、施設系介護事業が伸長し、利益が拡大した。通期予想は前期比20.1%減の9.00億円で据え置いた。進捗率は43.6%に達しており、第1四半期の順調なスタートを評価した買いが集まった。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »