株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ニチレイ、ソフトバンクグループ、コスモエネルギーホールディングスなど  3月10日07時15分

銘柄名<コード>9日終値⇒前日比
トランスジェニック<2342> 379 -4
新型コロナウイルス感染症研究用エクソンヒト化マウスの開発開始を発表。

メディアシーク<4824> 410 -69
上期営業益は赤字予想から一転して黒字確保。

CANBAS<4575> 621 -117
CBP501フェーズ1b試験拡大相の組入れ完了見通し遅延と。

ツツミ<7937> 1756 -18
発行済み総数の3.62%に当たる上限60万株の自社株買いを発表。

ニチレイ<2871> 2833 +68
外食手控えによる冷凍食品需要拡大を期待も。

エスクリ<2196> 425 -93
自社株買いの実施中止で需給下支え期待が後退。

HEROZ<4382> 3355 -700
第3四半期累計営業益は減益転換。

カーブスホールディングス<7085> 497 -100
新型ウイルスの影響による店舗運営への懸念強まる。

アイル<3854> 1286 -216
上半期大幅増益決算も出尽くし感が優勢に。

マイネット<3928> 514 -100
足元堅調だったゲーム株にも売り膨らむ。

コスモエネルギーホールディングス<5021> 1408 -291
原油市況の大幅下落を嫌気。

オルトプラス<3672> 704 -135
1000円台回復後は達成感も強まり。

大平洋金属<5541> 1628 -238
世界景気減速による資源価格の先行き懸念。

曙ブレーキ工業<7238> 149 -20
高水準の信用買い残が重しにも。

ラクーンホールディングス<3031> 525 -94
決算発表後は売り優勢の流れ続く。

国際石油開発帝石<1605> 766 -114
サウジ増産方針で原油相場が急落。

gumi<3903> 566 -100
通期業績見通し発表も出尽くし感が先行。

ダブル・スコープ<6619> 582 -100
韓国生産や中国販売への懸念が続く。

ベクトル<6058> 789 -101
信用買い方の手仕舞い売りなど需給要因が中心。

ソフトバンクグループ<9984> 4284 -499
世界的株安や原油急落でビジョンファンドへの影響懸念強まる。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 432.4 -55.0
米10年債0.5%割れなど金利の一段の低下を嫌気。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »