株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、原油相場の下げ止まりを好感、オンコリスが急騰  3月10日17時20分

 本日のマザーズ指数は3日ぶりの大幅反発となった。前日の米国株式市場では、新型肺炎の感染拡大で世界的に経済活動が停滞するなか、原油相場の急落もリスク要因になるとの不安が広がり、NYダウは終値で過去最大の下げ幅を記録。この流れから、本日のマザーズ市場にも朝方から売りが先行した。一方で、足元で急落を見せた原油相場による下落が一服したタイミングで、為替市場においても円安・ドル高が進行。これにより、朝方の売り一巡後には次第にマザーズ銘柄全般に積極的な押し目買いが入る展開となった。物色としても、時価総額上位銘柄に総じて買い戻しの動きが優勢となった。なお、売買代金は概算で1114.75億円。騰落数は、値上がり226銘柄、値下がり84銘柄、変わらず6銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、オンコリスバイオファーマ<4588>が24%高になったほか、バリュエンス<9270>やイグニス<3689>がそれに続いて大幅高に。売買代金上位銘柄では、アンジェス<4563>、メルカリ<4385>、GNI<2160>、そーせい<4565>、Aiming<3911>、Amazia<4424>などが上昇。一方で、新株予約権発行で15億円調達するモブキャスト<3664>が10%安になったほか、メドレー<4480>やDMP<3652>はさえない。
 なお、本日マザーズ市場に新規上場したビザスク<4490>の初値は公開価格を12.7%
下回る1310円となり、初値形成時の出来高は56万6400株であった。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »