株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ミライトHDが朝安後プラス圏に浮上、2月受注高が2カ月ぶり前年上回る  3月10日14時45分

 ミライト・ホールディングス<1417.T>が朝安後も、プラス圏に浮上している。9日の取引終了後に発表した月次受注状況で、2月度の受注高が前年同月比4.4%増の284億円となり、2カ月ぶりに前年実績を上回ったことが好感されている。マルチキャリア事業やICTソリューション事業の受注が膨らみ全体を牽引した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Ubicomが後場一段高、新型コロナによる影響発表で不安後退
<個人投資家の予想> 03月10日 14時
レーザーテクなどEUV関連株が高い、成長性評価で安値拾いの買い流入◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »