株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続急落、新型コロナによる世界同時株安で1000円超の下げ  3月12日11時48分

 12日前引けの日経平均株価は前営業日比1003円82銭安の1万8412円24銭と続急落。前場の東証1部の売買高概算は12億1870万株、売買代金概算は1兆7347億1000万円。値上がり銘柄数は26、対して値下がり銘柄数は2133、変わらずは6銘柄だった。

 きょう前場の東京市場はリスク回避の流れが一気に強まり、日経平均は1000円強の急落となった。新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念から、世界同時株安の状況となっており、アジア株の下落や米株価指数先物の下げを横目に広範囲に売りが出て東京市場も全面安商状となった。トランプ米大統領が欧州からの渡航者を30日間制限すると表明したことも売りに拍車をかける形となっている。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>、ファーストリテイリング<9983.T>が急落、ソニー<6758.T>、東京エレクトロン<8035.T>も大きく値を下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクも売られた。IBJ<6071.T>はストップ安、アイティメディア<2148.T>、エイチ・アイ・エス<9603.T>なども大幅安。半面、前田道路<1883.T>が高く、ホクシン<7897.T>、クラボウ<3106.T>なども上昇した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日経平均の下げ幅1000円超える
ソフトバンクGが4000円大台割り込む、先物絡みで売り圧力増幅
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にツヴァイ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »