株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大盛工業は3日ぶり反落、今中間期は営業70%増益を達成も全般悪地合いに流される  3月12日09時42分

 大盛工業<1844.T>が3日ぶり反落。11日取引終了後に発表した20年7月期第2四半期累計の決算は、営業利益が前年同期比70%増の3億8700万円と急拡大した。底堅い公共投資需要などを背景に好調な市場環境を享受して利益に反映させている。ただ、きょうは全体相場がリスクオフに大きく傾いており、地合い悪に流される展開となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
青山商が一時10%超安、20年3月期は203億円の最終赤字に転落
<個人投資家の予想> 03月12日 09時
イグニス、Aimingなどゲーム関連株に買い、巣ごもり消費関連で投資資金呼び込む◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »