株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に3日続落、米株急落受け一時1800円超安  3月13日16時28分

日経平均は大幅に3日続落。12日の米国市場でNYダウは2352ドル安と大幅続落し、1987年のブラックマンデー以来の下落率を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて欧州からの入国が30日間禁止される一方、具体的な財政支援策の発表がなかったため失望感が広がった。本日の日経平均も376円安からスタートすると下げ幅を大きく広げ、前場中ごろには一時16690.60円(1869.03円安)まで下落。ただ、後場に入るとアジア株の下げ渋りや日銀による資金供給策を受けて下げ幅を縮めた。

大引けの日経平均は前日比1128.58円安の17431.05円となった。2016年11月以来、およそ3年4カ月ぶりの安値水準となる。なお、週間の下落幅は3318.70円と過去最大。先物・オプション3月物の特別清算指数(SQ)は17052.89円。東証1部の売買高は34億5938万株、売買代金は4兆8923億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、鉱業、不動産業、空運業が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の97%、対して値上がり銘柄は3%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>など売買代金上位は軒並み大幅安。ただ、ソニー<6758>は大きく下げ幅を縮め、底堅さも見せた。KDDI<9433>が9%超下落したほか、国際帝石<1605>が原油先物相場の続落を受けて12%の下落。決算発表銘柄では丹青社<9743>がストップ安水準で取引を終え、ラクスル<4384>なども急落した。一方、売買代金上位ではキーエンス<6861>、OLC<4661>、アステラス薬<4503>が逆行高。ヤクルト<2267>は一部証券会社のレポートを受けて健康志向の高まりが追い風として意識され、三菱ケミHD<4188>は新型コロナのワクチン開発進展が好感された。目標株価引き上げ観測のアンリツ<6754>は4%を超える上昇。クラボウ<3106>は新型コロナ検査キットへの期待から買い気配のままストップ高比例配分となった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »