株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅に3日続落、一段とリスク回避姿勢強まる、レアジョブ急落  3月13日16時38分

 本日のマザーズ指数は大幅に3日続落となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた前日の米国株式市場で、NYダウが過去最大の下げ幅を再び更新したことで、投資家心理も悪化し、本日のマザーズ市場には朝方から売りが先行した。東京市場全般に一段とリスク回避姿勢が強まるなか、信用取引の追い証(追加証拠金)発生に伴う売りも相まって、マザーズ市場は全面安商状になった。その後は、午場にかけて日経平均が下げ渋りをみせると、マザーズ銘柄の一部にも押し目買いの動きも散見されたが、相場を押し上げるには至らなかった。なお、売買代金は概算で986.46億円。騰落数は、値上がり16銘柄、値下がり299銘柄、変わらず1銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、ハウテレビジョン<7064>がストップ安になったほか、INCLUSIVE<7078>やレアジョブ<6096>などがそれに続いて大幅安に。売買代金上位銘柄では、そーせい<4565>、JTOWER<4485>、Amazia<4424>、GNI<2160>、フリー<4478>、ミクシィ<2121>、イグニス<3689>、サンバイオ<4592>、UUUM<3990>が下落。一方で、新型コロナウイルス向けワクチンの共同開発への期待の高まりが継続するアンジェス<4563>が13%高になったほか、メルカリ<4385>、Aiming<3911>、サーバーワークス<4434>、ビザスク<4490>なども堅調推移であった。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »