株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は4日ぶり小反発、KDDIと中外薬の2銘柄で約43円押し上げ  3月16日12時33分

16日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり105銘柄、値下がり116銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は4日ぶり小反発。18.54円高の17449.59円(出来高概算10億8000万株)で前場の取引を終えた。各国中央銀行による金融政策の報道を受けて、朝方から荒い値動きとなった。先週末の米国市場では、新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、トランプ大統領は最大500億ドル(約5兆円)の財政出動を可能にする国家非常事態を宣言。これを受けた米株高が材料視される展開が期待された。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)は3日に続いて再び臨時の会合を開き、政策金利を一気に1%引き下げ、事実上のゼロ金利政策に踏み切ることを決定。市場の判断が混乱するなか、グローベックスの米株先物の弱さが嫌気される格好に。一方で、日本銀行は正午から金融政策決定会合を前倒しで開くと発表すると強弱感が対立。日経平均は寄り付き後10分程度で500円を超える荒い値動きをみせた。その後も主要7カ国(G7)首脳による緊急のテレビ会議を日本時間の16日午後11時から開くとの報道もあり、やや期待感が先行する格好となり、小幅ながらプラス圏で前場の取引を終えた。

値上がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位は中外薬<4519>となり、2銘柄で日経平均を約43円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは丸井G<8252>で6.15%高、同2位はJR東海<9022>で5.27%高だった。緊急経済対策の一環として、旅行の需要喚起策なども検討されているもようで、旅行関連の銘柄に物色が見られている。

一方、値下がり寄与トップはファミマ<8028>、同2位はアステラス薬<4503>となり、2銘柄で日経平均を約15円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは日揮HD<1963>で6.44%安、同2位は東急不HD<3289>で6.01%安だった。日揮HDについては、国内証券が目標株価を2000円から1500円に引き下げている。


*11:30現在

日経平均株価  17449.59(+18.54)

値上がり銘柄数 105(寄与度+143.42)
値下がり銘柄数 116(寄与度-124.88)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9433> KDDI          2890.5   127.5 +27.56
<4519> 中外薬         10640     435 +15.67
<2413> エムスリー       2627     89 +7.69
<8035> 東エレク        19035     195 +7.02
<6954> ファナック       14520     195 +7.02
<6857> アドバンテ       4165     95 +6.84
<4901> 富士フイルム      4462     163 +5.87
<6367> ダイキン        12005     145 +5.22
<4523> エーザイ         6988     122 +4.39
<9984> ソフトバンクG     3783     19 +4.11
<6645> オムロン         4795     105 +3.78
<8252> 丸井G           1778     103 +3.71
<9022> JR東海         15980     800 +2.88
<8253> クレセゾン       1309     55 +1.98
<4578> 大塚HD          3478     54 +1.95
<2002> 日清粉G         1555     52 +1.87
<4704> トレンド         4650     45 +1.62
<4324> 電通G           2080     45 +1.62
<4507> 塩野義          4813     43 +1.55
<5332> TOTO           3400     85 +1.53

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<8028> ファミマ         1679     -58 -8.36
<4503> アステラス薬     1541.5   -37.5 -6.75
<6971> 京セラ          5600     -91 -6.56
<2801> キッコーマン      3960    -135 -4.86
<4063> 信越化          9333    -134 -4.83
<9735> セコム          7546    -131 -4.72
<6902> デンソー         3280    -115 -4.14
<7733> オリンパス      1587.5   -26.5 -3.82
<2502> アサヒ          3149    -102 -3.67
<2503> キリンHD       1850.5     -97 -3.49
<4021> 日産化学         3480     -85 -3.06
<7267> ホンダ          2250     -40 -2.88
<9983> ファーストリテ    46150     -80 -2.88
<4911> 資生堂          5714     -78 -2.81
<3382> 7&iHD           3345     -77 -2.77
<5108> ブリヂストン      3042     -75 -2.70
<7269> スズキ          3142     -73 -2.63
<4543> テルモ          3054     -18 -2.59
<6724> エプソン         1016     -34 -2.45
<7832> バンナムHD       4879     -66 -2.38



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »