株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に4日続落、金融政策睨み乱高下  3月16日16時33分

日経平均は大幅に4日続落。13日の米国市場でNYダウは1985ドル高となったが、週末に緊急利下げが実施されると株価指数先物が急落。一方、国内では日銀が金融政策決定会合を本日に前倒しし、週明けの日経平均は思惑買いが先行して155円高からスタートすると、前週末終値を挟み一進一退の展開となった。日銀が上場投資信託(ETF)買入額を増やすことなどを決め、発表直後には一時17785.76円(前週末比354.71円)まで上昇したが、その後内容への失望感などから16914.45円(同516.60円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比429.01円安の17002.04円となった。終値ベースの昨年来安値を付けた。東証1部の売買高は23億4569万株、売買代金は3兆3191億円だった。業種別では、ゴム製品、電気機器、輸送用機器が下落率上位だった。一方、空運業、証券、水産・農林業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の51%、対して値上がり銘柄は47%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、東エレク<8035>
が2~3%の下落となり、ファーストリテ<9983>や任天堂<7974>もさえない。資生堂<4911>とリクルートHD<6098>は5%前後の下落で、軟調ぶりが目立った。また、前週人気だったクラボウ<3106>は短期的な過熱感から一転売りがかさみ、前田道<1883>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。一方、KDDI<9433>が3%を超える上昇となり、OLC<4661>も堅調。三井住友<8316>やみずほ<8411>は小幅高となった。自社株買いや株主優待の実施を発表したヤーマン<6630>、テレワーク関連として注目されるブイキューブ<3681>などはストップ高水準で取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »