株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は5日続落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約36円分の押し下げ要因  3月17日12時59分

17日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり81銘柄、値下がり142銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は5日続落。78.70円安の16923.34円(出来高概算14億1000万株)で前場の取引を終えている。16日の米株式市場でNYダウは大幅反落し、2997ドル安と過去最大の下げ幅を再び更新。下落率は12.9%に達した。連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げしたものの、逆に投資家の恐怖感につながり、取引開始直後に「サーキットブレーカー」が発動されて取引が一時停止。さらに、トランプ大統領が会見で新型コロナウイルスによる危機が7-8月頃まで継続する可能性があると警告すると、下げ幅を一段と広げ安値圏で引けた。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで275円安からスタートしたが、前日に日銀の黒田総裁が強調した上場投資信託(ETF)の買い入れ増額への期待から切り返し、一時17557.04円(555.00円高)まで上昇。しかし、アジア株が軟調なことから再びマイナス転換するなど荒い値動きだった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約36円押し下げたほか、リクルートホールディングス<6098>、東京エレクトロン<8035>、ファミマ<8028>、オリンパス<7733>、ファナック<6954>などがそれに続いた。ファーストリテやソフトバンクGは日経平均採用の値がさ株として、日経平均先物安に伴う裁定売りなど、需給面でのマイナスインパクトが強まる状況となっている。なお、値上がり寄与上位銘柄には、中外製薬<4519>やダイキン<6367>、京セラ<6971>などが並んだ。

*11:30現在

日経平均株価  16923.34(-78.70)

値上がり銘柄数  81(寄与度+130.04)
値下がり銘柄数 142(寄与度-208.74)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<4519> 中外薬         10965           465 +16.75
<6367> ダイキン        12100           425 +15.31
<6971> 京セラ          5621           158 +11.38
<7203> トヨタ          6198           257 +9.26
<9735> セコム          7631           254 +9.15
<6758> ソニー          5835           202 +7.28
<2413> エムスリー       2568           83 +7.18
<4901> 富士フイルム      4505           173 +6.23
<4063> 信越化          9292           153 +5.51
<8267> イオン          1983          98.5 +3.55
<4568> 第一三共         5618           90 +3.24
<6976> 太陽誘電         2466           89 +3.21
<9007> 小田急          1975           109 +1.96
<4503> アステラス薬     1480.5           10 +1.80
<6479> ミネベアミツミ     1458           49 +1.77
<2269> 明治HD          6490           240 +1.73
<9008> 京王           5110           215 +1.55
<2802> 味の素          1711           38 +1.37
<4543> テルモ          2960            9 +1.30
<4452> 花王           7258           36 +1.30

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    45490          -510 -18.37
<9984> ソフトバンクG     3587           -83 -17.94
<6098> リクルートHD      2680          -113 -12.21
<8035> 東エレク        17860          -330 -11.89
<8028> ファミマ         1580           -69 -9.94
<7733> オリンパス      1419.5           -51 -7.35
<6954> ファナック       13860          -180 -6.48
<6762> TDK            7640          -170 -6.12
<4021> 日産化学         3225          -165 -5.94
<9433> KDDI           2836         -23.5 -5.08
<4911> 資生堂          5366          -132 -4.76
<8830> 住友不          2411         -118.5 -4.27
<7269> スズキ          2975           -93 -3.35
<6301> コマツ          1587           -85 -3.06
<4151> 協和キリン       1985           -80 -2.88
<9613> NTTデータ        1008           -16 -2.88
<4502> 武田           2954           -79 -2.85
<8015> 豊通商          2367           -78 -2.81
<6988> 日東電          4225           -75 -2.70
<7951> ヤマハ          3835           -75 -2.70



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »