株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スクエニHD、Aimingなどゲーム関連株買われる、巣ごもりレジャーで注目◇  3月17日10時07分

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>、カプコン<9697.T>などが高いほか、イグニス<3689.T>、イマジニア<4644.T>、Aiming<3911.T>なども上値指向鮮明、ゲーム関連株全般に投資資金が向かっている。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に政府が先導する形で外出を控える動きが強まっている。そのなか、レジャーに関する巣ごもり消費として、ゲームや動画配信、電子書籍などに絡む企業が注目されている。きょうは、全体相場の下げも一服しており、ゲーム関連でも小型の足の軽い銘柄に投資資金の流入が目立つ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Jフロントが8日続落、20年2月期業績予想の減額修正を嫌気
<注目銘柄>=アイスタディ、オンライン教育の急先鋒で足の速さ魅力
ニフコが連日の安値更新、150万株を上限とする自社株買い発表も反応限定的


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »