株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 任天堂、トヨタ自動車、オリエンタルランドなど  3月18日07時32分

銘柄名<コード>17日終値⇒前日比
日本製鋼所<5631> 1053 -59
下方修正や減配をマイナス視。

武蔵精密工業<7220> 814 -37
16年安値も割り込み下値メド見出しにくく。

サンフロンティア不動産<8934> 819 -35
信用買い残など高水準で。

TOYO TIRE<5105> 1056 -42
原油安メリット期待の動きなども一巡。

大陽日酸<4091> 1419 -67
欧州移動制限の影響なども警戒視。

トプコン<7732> 715 -24
信用買い手仕舞いなどで戻り鈍いか。

エイチ・アイ・エス<9603> 1412 -66
欧州委員会ではEU域外から域内への移動制限計画を提示と。

ソフトバンクグループ<9984> 3643 -27
NYダウの急落などをネガティブ視で。

任天堂<7974> 34880 +1930
「リングフィットアドベンチャー」への期待が続く展開。

トヨタ自動車<7203> 6360 +419
大型株の一角にはETF買いなどの需給期待も。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 392.2 -2.3
世界的な利下げムードの強まりなど弱材料視。

オリエンタルランド<4661> 13235 +960
配当・優待取り狙いの買いも集まる。

日本アビオニクス<6946> 1095 +150
新型ウイルス対策としてサーモグラフィカメラに関心。

ツヴァイ<2417> 878 +106
IBJのTOBによるTOB価格サヤ寄せが続く。

梅の花<7604> 1146-400
株主優待券廃止に対する失望売りが続く。

恵和<4251> 1115 +108
1000円大台水準では押し目買いの動きも。

アルチザネットワークス<6778> 1309 +126
足元の好業績見直しでリバウンドの動きに。

ミズホメディー<4595> 1160 -60
信用買い残整理の動きに押される。

カルナバイオ<4572> 1309 +300
バイオノバ・ファーマシューティカルズとのライセンス契約締結を材料視。

Aiming<3911> 461 +41
朝方から同社などゲーム株には物色先行。

ダブルエー<7683> 2019 +400
20年1月期の営業利益は前期比17.8%増の13.64億円、なお今期見通しは非開示。

システム ディ<3804> 797 +100
20年10月期の第1四半期の営業損益は黒字浮上で着地。

サンバイオ<4592> 1261 -63
21年1月期の見通し嫌気で売りが優勢。

ジーンテクノサイエンス<4584> 541 +37
ニコンとの業務提携に基づく再生医療等製品向けマスターセルバンク製造法を確立。

スマレジ<4431> 2972 +289
引き続き第3四半期決算を評価した動きが優勢。

リビングプラットフォーム<7091> 3030 -
マザーズ市場へ新規上場、初値は公開価格を9.0%下回る3550円。

ドラフト<5070> 970 -
マザーズ市場へ新規上場、初値は公開価格を22.7%下回る1221円。

ミアヘルサ<7688> 1498 -
JASDAQ市場へ新規上場、初値は公開価格を25.0%下回る1748円。








<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »