株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

IHIが反落、国内大手証券は「2」へ引き下げ  3月18日13時29分

 IHI<7013.T>が反落。SMBC日興証券は17日、同社株の投資評価を「1」から「2」へ引き下げた。目標株価は3300円から1500円に見直した。新型肺炎の航空機エンジン事業への影響は大きく、業績予想の下方修正を行っている。20年3月期の連結営業利益を621億円から593億円、21年3月期の同利益を824億円から424億円に見直した。新型肺炎による航空機の運航停止の影響を織り込んだ。21年3月期の航空機エンジンスペアパーツ事業の売上高を減額している。16日時点のPBRは0.43倍と企業価値を割り込んでいるが、新型肺炎の影響が落ち着くまでは、株価はディスカウントされ続ける可能性が高いとみている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
カオナビがしっかり、魚沼市が自治体として初めて「カオナビ」導入
ソースネクスが後場上げ幅を拡大、テレワーク関連ツール第3弾発売
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »