株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 東映、日医工、富士フイルムホールディングスなど  3月19日07時15分

銘柄名<コード>18日終値⇒前日比
東映<9605> 12690 +550
特別配当実施で今期配当予想を10円増額。

ソースネクスト<4344> 266 +26
テレワーク関連ツールの第3弾「XSplit」シリーズ販売開始。

ブロードメディア<4347> 73 +7
ドコモのdゲームに「真・三國無双8」や「FINAL FANTASY XV」などを提供へ。

日医工<4541> 1127 +150
リマプロストアルファデクスの製造販売承認事項一部変更承認取得。

ヤーマン<6630> 634 +100
自社株買い発表きっかけに買い戻しが優勢か。

ラクスル<4384> 2280 +235
上半期決算嫌気の動きも一巡感で。

昭和電工<4004> 1933 +203
米国ではグラフテックが急騰。

エニグモ<3665> 739 +85
引き続き足元の好決算を評価の動き。

富士フイルムホールディングス<4901> 5238 +700
中国政府が「アビガン」の有効性確認と伝わり。

シュッピン<3179> 661 +64
目立った材料ないがインバウンド関連の一角として買い戻し優勢か。

筑波銀行<8338> 144 +7
日銀ETF買いインパクトなど期待の動きか。

東海カーボン<5301> 812 +84
昭和電工とともに黒鉛電極関連として買われる。

丸井グループ<8252> 1883 +113
17日にはゴールドマン・サックス証券がコンビクション買いを継続。

日本航空電子工業<6807> 1104 +19
突っ込み警戒感から買い戻しが優勢か。

ゼンショーホールディングス<7550> 1988 +151
昨年11-12月に続く自社株買いの実施を発表。

コロワイド<7616> 1642 +164
引き続き株主優待ポイントの増額を材料視。

ランドビジネス<8944> 451 -100
もみ合い下放れ後は信用買い方の処分売り続く形か。

SCSK<9719> 4085 -195
特に材料見当たらず需給要因中心か。

TOKYO BASE<3415> 256 -17
SMBC日興証券では目標株価引き下げ。

フルキャストホールディングス<4848> 1147 -159
個人中心とした処分売りが続く格好か。

ユナイテッドアローズ<7606> 1395 -171
下げ止まらず12日連続安、来店客数減少など懸念。

日本M&Aセンター<2127> 2807 +14
目立った材料なく需給要因中心。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »