株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比20円高の16530円  3月19日07時51分

ADR(米国預託証券)の日本株は富士フイルム<4901>、資生堂<4911>、富士通<6702>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテイ<9983>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>、ANA<9202>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル107.96円換算)で全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の16530円。

米国株式相場は大幅反落。ダウ平均は1338.46ドル安の19898.92ドル、ナスダックは344.94ポイント安の6989.84ポイントで取引を終了した。全米50州で新型コロナウイルスへの感染が確認され、感染拡大によるさらなる経済悪化への懸念から下落で始まった。米国政府による経済対策がなかなか成立せず、また、原油価格の急落を受けて投資家心理が一段と悪化すると下げ幅を拡大し、今週2度目のサーキットブレーカーが発動され取引が一時停止。ダウは2016年11月にトランプ政権発足後の上昇を全て消し、終値でも節目となる2万ドルを割り込んだ。

18日のニューヨーク外為市場でドル・円は107円28銭から108円65銭まで上昇して108円06銭で引けた。予想を上回った米国の2月住宅着工件数や米国の大規模経済支援策を見込んだ米国債相場の下落で、米債利回りの上昇に伴うドル買いが優勢となった。その後、株式相場の急落を嫌い、リスク回避の円買いが再燃し上値を抑制。ユーロ・ドルは、1.0985ドルから一時1.0802ドルまで下落して1.0918ドルで引けた。イタリア債の急落が警戒感され、ユーロ売りに拍車がかかった。

NY原油先物5月限は大幅続落(NYMEX原油5月限終値:20.83 ↓6.50)。


■ADR上昇率上位銘柄(18日)
<4901> 富士フイルム 56.16ドル 6063円 (825円) +15.75%
<1801> 大成建 7.26ドル 3136円 (231円) +7.95%
<8252> 丸井 37.24ドル 2010円 (127円) +6.74%
<5201> AGC 4.85ドル 2620円 (111円) +4.42%
<6702> 富士通 17.35ドル 9366円 (220円) +2.41%


■ADR下落率上位銘柄(18日)
<5233> 太平洋セメ 3.67ドル 1585円 (-156円) -8.96%
<6770> アルプス 15.87ドル 857円 (-84円) -8.93%
<6361> 荏原 7.65ドル 1652円 (-162円) -8.93%
<9202> ANA 4.71ドル 2542円 (-247円) -8.86%
<5802> 住友電 8.34ドル 900円 (-87.4円) -8.85%


■その他ADR銘柄(18日)
<1801> 大成建 7.26ドル 3136円 (231円)
<1925> 大和ハウス 21.37ドル 2307円 (-14.5円)
<1928> 積水ハウス 14.63ドル 1579円 (-18.5円)
<2503> キリン 19.61ドル 2117円 (9円)
<3402> 東レ 7.6ドル 410円 (-13.3円)
<3407> 旭化成 10.88ドル 588円 (-19.6円)
<3938> LINE 46.81ドル 5054円 (14円)
<4523> エーザイ 58.1ドル 6273円 (-155円)
<4901> 富士フイルム 56.16ドル 6063円 (825円)
<4911> 資生堂 54.45ドル 5878円 (45円)
<5108> ブリヂストン 13.72ドル 2962円 (-29円)
<5802> 住友電 8.34ドル 900円 (-87.4円)
<6301> コマツ 15.08ドル 1628円 (33.5円)
<6503> 三菱電 21.95ドル 1185円 (1円)
<6586> マキタ 26.52ドル 2863円 (-39円)
<6645> オムロン 42.99ドル 4641円 (-159円)
<6702> 富士通 17.35ドル 9366円 (220円)
<6758> ソニー 54.79ドル 5915円 (-77円)
<6762> TDK 66.15ドル 7141円 (-189円)
<6902> デンソー 13.91ドル 3003円 (-37円)
<6954> ファナック 11.93ドル 12880円 (-185円)
<6988> 日東電 19.1ドル 4124円 (-151円)
<7201> 日産自 7.21ドル 389円 (4円)
<7203> トヨタ 116.07ドル 6265円 (-52円)
<7267> ホンダ 20.97ドル 2264円 (-12円)
<7270> SUBARU 9.13ドル 1971円 (-29円)
<7733> オリンパス 13.68ドル 1477円 (14円)
<7741> HOYA 82.1ドル 8864円 (-27円)
<7751> キヤノン 20.26ドル 2187円 (7円)
<7912> 大日印 9.42ドル 2034円 (-26円)
<7974> 任天堂 40.71ドル 35160円 (-350円)
<8001> 伊藤忠 37.34ドル 2015円 (-2円)
<8002> 丸紅 46.28ドル 500円 (-23.3円)
<8031> 三井物 271.04ドル 1463円 (-16円)
<8053> 住友商 10.9ドル 1177円 (2円)
<8058> 三菱商 42.33ドル 2285円 (3.5円)
<8267> イオン 18.58ドル 2006円 (-161円)
<8306> 三菱UFJ 3.43ドル 370円 (-15円)
<8309> 三井トラスト 2.56ドル 2766円 (37円)
<8316> 三井住友 4.69ドル 2532円 (-79.5円)
<8411> みずほFG 2.13ドル 115円 (-1.9円)
<8591> オリックス 60ドル 1296円 (3円)
<8604> 野村HD 3.76ドル 406円 (2.1円)
<8766> 東京海上HD 38.8ドル 4188円 (-35円)
<8802> 菱地所 12.7ドル 1371円 (-48.5円)
<9202> ANA 4.71ドル 2542円 (-247円)
<9432> NTT 20.44ドル 2207円 (-48円)
<9735> セコム 17.25ドル 7449円 (-254円)
<9983> ファーストリテイ 36.78ドル 39708円 (-1192円)
<9984> ソフトバンクG 14.4ドル 3109円 (-137円)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »