株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅続落、ファンドなどの売り目立つ、TKPはストップ安  3月19日16時28分

 本日のマザーズ指数は大幅続落となった。新型肺炎の感染拡大が継続するなか、前日の米国株式市場では主要3指数が大幅安になったものの、東京時間朝方にかけて欧州中央銀行(ECB)による7500億ユーロのパンデミック対応購入プログラムが発表されたことが好感され、本日朝方からマザーズ市場にも買いが先行した。しかしその後は、日経平均と同様に戻り売り圧力の強さから失速し、寄り付き直後にマザーズ指数はマイナスに転じた。国内外のファンドによるリスク資産を現金化する流れからマザーズ時価総額上位銘柄にも急落をみせる銘柄が目立つほか、悪化し続ける信用評価損益率を背景に信用取引の追い証(追加証拠金)発生に伴う売りも指数の押し下げ要因になったもよう。なお、売買代金は概算で720.50億円。騰落数は、値上がり38銘柄、値下がり272銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、TKP<3479>がストップ安水準まで売り込まれたほか、ステムリム<4599>やアズーム<3496>がそれに続いて大幅安に。売買代金上位銘柄では、メルカリ<4385>やそーせい<4565>がともに13%安になったほか、アンジェス<4563>、Amazia<4424>、ミクシィ<2121>、GNI<2160>、サンバイオ<4592>、メドレー<4480>、JTOWER<4485>、メドピア<6095>、UUUM<3990>などが下落。一方で、Sansan<4443>やフリー<4478>が急騰したほか、Aiming<3911>、弁護士ドットコム<6027>、ラクス<3923>などは上昇。
 なお、本日マザーズ市場に上場した関通<9326>の初値は公開価格の約2.1倍となる1032円となり、初値形成時の出来高は70万9000株であった。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »